水道連結型スプリンクラー(乾式)商品案内

グループホーム・個人住宅・集合住宅・小規模施設向け

水道防災協同組合の「特定施設水道連結型スプリンクラー設備」は、
どのような立地条件・設置環境にも、
また乾式・湿式、どちらの方式にも対応いたします。

●水道連結型乾式設備湿式設備(一般)の比較〈違い〉

  乾式設備 湿式設備(一般)
水源/スプリンクラーヘッド 上水道/水道 連結型ヘッド
配 管 形 態 従来のスプリンクラー配管と同様 “一筆書き”配管(生活用水と共用)
配管内の状態 空(大気) 充 水
停滞水対策 不 要 停滞水防止継手(ヘッドの設置個数と同数以上)
放水(散水)条件 火災感知器→配管内充水→ヘッド作動(72℃) ヘッド作動(72℃)

水道連結型乾式スプリンクラーの特長

グループホームにおける設置例

ご存知でしたか?

もっと詳しい法令改定の内容を知りたい方は

資料請求・お問合せ 仕組みのポイント