水道連結型スプリンクラー(乾式)の出火から消火まで

動作フロー図(単一系統)
資料請求・お問合せ
(1)通常時は水道水を電動三方弁にて右方向に誘導。消火用の配管に水を通さず水抜き管へ送る事で停滞水を回避し衛生的に保ちます。
(2)火災が発生すると感知機が作動し 、防災弁ユニットに移報信号を送る。  
(3)防災弁ユニットが移報信号を受信すると 電動三方弁が起動し、 消火用の配管へ水を流し込む。

(4)火災で最も重要な初期抑制の効果があり、火が燃え広がる前に避難をする時間をかせぐ事ができます。万が一作動しない時は手動でも開放する事ができます。

(5)火災報知器が作動すると消防車がかけつけます。安全を確認した後で手動で防災弁ユニットを操作し散水を停止させます。